SWEET LINEのバナー
SWEET LINE 評判:

気軽な出会いを募集している20~30代の女性が多い為、出会いを探している男性に高評価! 出会い系初心者の若い女の子達が次々に入会しています!

FirstMailのバナー
FirstMail 評判:

サクラがいなく安心して利用できる優良出会い系サイト!恋人募集をしている利用者が多いようですが、大人の出会い募集も少なくはありません。メル友も恋人も見つけられます。掲示板お試し検索あり!

愛カツのバナー
愛カツ 評判:

健全な運営実績で信頼を得ている本当に出会える出会い系! サクラがいなく、本当に出会えると評判!本気の恋人募集から大人な関係まで積極的に出会いを探している男女で賑わっています!

大人の出会いのバナー

出会いひろばのバナー

セフレが浸透しつつある現代

セフレとはセックスフレンドの略称です。人間関係をセックスに特化した考え方で、セックスが介在しなければ、その人間関係さえも崩壊してしまうという考え方で維持されている関係を言います。そのため、結婚制度や一夫一婦制などに拘束されない、自由奔放な性的関係を謳歌できるというメリットもあります。「性の相性」こそがセフレのキーワードで、それ以外の人間関係に付きまとう煩雑な些事には、一切の関わりを持たないのがトレンドとなっています。

セフレ関係においては「セックスをしたい時にはする、したくない時にはしない」が原則で、夫婦生活を維持継続させるための会話や心遣いなどは全く無用のものと考えられています。なによりもセフレを志向する男女にとっては、「割り切り」が最重要で、「性の相性」以外の思考回路は全く必要がありません。「閉ざされた性」の時代からは考えられない思考ですが、「男女共に同等の性欲が存在する」という基本理念に立てば、理解できるものと思われます。

セフレ関係にある男女にとって、恋人関係との大きな違いは「セフレでは彼女が生理の時は会わない、恋人関係では彼女が生理の時でも映画に行ったり、食事をしたりする」ということだそうです。「エッチの介在」なくしてセフレ関係は成り立たないことを如実に現している言葉ではないでしょうか。

「性の練習」としてセフレを捉えている男女もいます。本命の彼氏・彼女に最大限の「性の奉仕」をするために、セフレを性の練習に使うという考え方です。いわば「性修行」・「性の他流試合」とでも言えそうな、一大決心をしてしまった男女もまたいるようです。満身創痍となりながら、修行の成果を「本番で試す」ことが幸せに繋がるといいのですが。

妻や恋人には気が引けて言えないようなセックスプレイでも、セフレには試すことができます。嫌がられたらそこでおしまい、でもいいわけですから。あまりにもマニアックな性癖だと嫌われるかもしれませんが、相手もその行為が好きになってしまうこともありますからどんどん試すこともいいでしょう。

恋人や妻とのエッチはレストランでのお食事、セフレとのエッチは「闇鍋のつつき合い」と分けて考えている猛者もいるようです。男女の性差と言えば難しい印象を受けますが、ここでは、単なる「男女の違い」と考えてください。女性は自分の男性経験を他人に漏らすことを嫌います。それは「淫乱な女」だというレッテルを貼られることを極端に嫌うからです。

女性は男性からは「楚々として清楚」な評価を受けたいのです。タレントでも、無理に淫乱・肉食系を装っても視聴者にはお見通しな人もいます。一般女性は「大和なでしこ=清楚」というイメージをキープしたいので、自分の性体験を吹聴することはありません。

男性はどうでしょう。一旦飲み会などで酔っ払ってしまうと、自分が仕留めた「獲物」を披露したがるものです。実際に仕留めた獲物を、ハンターは「トロフィー」と称して剥製にして壁に飾る行為も、心理学的には「ヤッた女の誇示行為」と受け取られます。この男女の違いが、セフレ関係の維持に役立っているのです。

世間では「清楚」と受け止められている女性も実際には誰かのセフレかもしれません。この世界では「見た目清楚はビッチ」ということわざがあります。誰が見ても清楚な子ほど、エッチの場では乱れるということを表現しています。この一見「アンバランス」こそが、世の男性がいきり立つ要素なのです。グラビアアイドルでも、顔が小さく子供っぽいのに、胸ははちきれそうな巨乳というのが人気です。見た目は清楚なのに、セックスの現場では激しく乱れるところを想像するのが男の習性です。

通に言わせると「清楚な子でもブスでも、落とせる確率に変わりはない」そうなんです。だったら、同じ努力をするのなら清楚な子に向かったほうがいいに決まっています。大体世間では「見た目のいい子はハードルが高い」と決め付けているようなところがあります。「実際はそうではない」と通は言います。「ハードルはその子達が築いたものではなく、世間が勝手に思い込んだのだ」という名言を教えてくれました。そう言われると思い当たるふしが、男性なら誰でもあると思われます。

セフレの効用は書きつくすことができないほど存在します。では実際に、どのようにしてセフレを見つけることができるのでしょうか。それには「出会い系サイト・セフレ掲示板」を利用するのがいいでしょう。セフレに特化した掲示板を利用することで、セフレ候補の発見も、時間をかけずに完了させることができます。距離的に近いほうが何かと便利です。セフレ募集をするにしても、距離的に離れすぎていれば問題です。時間や交通費の問題は、セフレという言葉からは一考する必要があります。「やりたくなったら即」という、セフレの鉄則からは離れすぎています。

「セフレ募集」の口コミでもリサーチしてみましょう。具体的なサイト名を挙げて口コミをしているところもあります。実際のセフレサイトでも「サクラばっかり」という評価を受けているところもあります。意味のないサクラとのやり取りに、時間と費用をかけるほど暇な人はいないはず、セフレ募集には口コミサイトの利用は欠かせません。

セフレ関係を維持するには、難しい問題もあります。セックスだけが介在する、という関係で成り立っているセフレなのですが、セックス後の会話を楽しんでいる間に、恋人関係に発展しだしたという話も聞きます。「これって駄目なのでしょうか」という相談がネットにありました。本人同士がよければいいのでしょうが、普通一般的には「セフレからの昇格」はありません。

「セフレはあくまでセフレ」という、セフレの鉄則を忘れてはいけません。男性は特に「セフレにはセフレとしての接触」しかしていないし、「セフレからの昇格」は考えてもいないからです。

Copyright© 2010 セフレ掲示板ガイドブック All Rights Reserved.